レンタル収納事業オーナーのフランチャイズの魅力

販売やサービス提供事業に比べ、費用も労力もかからずに収益を上げることが出来るのが『レンタル収納事業オーナー』です。

レンタル収納事業オーナーのフランチャイズ情報

レンタル収納事業というのは、コンテナ設置や、使わない物を保管しておけるスペースを提供することです。

例えば、楽器演奏禁止の賃貸マンションに入居する際、楽器が見つかってしまうと、大家さんと揉めてしまうので、一時的に置き場所に困る場合があります。
そうした時に、レンタル収納をお願いすれば、安全に保管が出来るわけです。
また、車によく乗る人であれば、冬タイヤや夏タイヤなど、使っていないタイヤを保管するのに場所が必要になる場合があります。

そんな時に活躍するのがレンタル収納です。

すでに土地を持っていて、空地を有効活用したい人は、空き地の有効活用に非常に最適です。

空地を賃貸マンション経営などで活用している人も多いですが、近年は賃貸滞納や独居死などのトラブルも多く、一概に良いとは言えません。
空地を出来るだけ煩わしい問題がなく活用したいと思う人が多いはずです。

その点、レンタル事業オーナーは非常に楽と言われています。。
レンタル収納にも、勿論多少のクレーム対応などはありますが、賃貸マンションよりはメンテナンスという意味でも楽ちんです。

レンタル収納オーナーとしてフランチャイズ契約すると、コンテナ設置後のアフタ―ケアや、低コストでのレンタル収納業務が可能になります。
管理委託型と独立型という2つの管理形態から選ぶこともできますので、初心者は安心です。

管理委託型は、コンテナ維持から賃料領収までを本社に委託。
独立型は、コンテナ購入者が管理をすべて行い、本社がノウハウだけを伝授してくれる形です。
土地の活用について精通している業者さんを選ぶことで、安心して経営をしていくことが出来ます。

代理店やフランチャイズの募集はコチラ